特定非営利活動法人 日本作文協会

 ― 作文力は生活力 ―

作文画像イメージ.JPG

| HOME | 日本作文協会 | 学力の低下を感じている塾長先生へ |

学力の低下を感じていますか?

今、「国語力を高める指導」が見直されています!

日本作文協会では、全国の学習塾と協力して国語力の育成に取り組んでいます。

生徒の学力の低下を感じている塾長先生へ

近年、「日本の子供の学力が低下している」と新聞やマスコミで取り上げられていますが、一番強く感じているのは、現場で直接指導している塾長先生ではないでしょうか。

「学力」とは「学ぶ力」と書きますが、学ぶための力とは、「考える力」、「文章力」、「表現力」、「読解力」、などであり、一言でまとめると「国語力」です。学力の低下は、すなわち国語力の低下です。

なぜ、学力が低下しているのでしょうか。
生徒が本を読まなくなったからでしょうか。

いいえ、違います。

国語力を高める指導をしていないからです。

新聞やマスコミでは、学力の低下が問題となっていますが、それ以上に「国語力を高める指導」ができていないのが問題です。

学校や学習塾で「国語力を高める指導」ができている教室は、残念ながら、日本の子供の学力が低下しているデータが示すように、まだまだ少ないのが現状です。

では、「国語力を高める指導」はどのようにしたらよいのでしょうか。

その方法は幾つかありますが、代表的なのは、「作文を書かせる」ことです。

作文には、思考力、表現力、文章力、読解力など国語力を高める要素が全て備わっています。

しかし、作文を書かせるだけでは、国語力は高まりません。

国語力を高めるには、作文を書かせた後の添削力が生徒の国語力を大きく左右します。

塾長先生の多くは、国語力を高めるために作文が必要だと感じていますが、塾内に導入できない理由の一つに、添削ができないという声が圧倒的に多いです。

添削する自信がない、時間がない、など理由は様々ですが、当協会は、このような悩みを解決するために発足しました。

是非、二十年以上培ってきた日本作文協会の添削技術を大切な生徒に活用して下さい。

少子化の影響で、学習塾の経営は最も厳しい時代になっています。
そのような厳しい経営環境を乗り切るために、また、このような厳しい時代だからこそ、教育の原点に戻り、「国語力を高める指導」が求められています。

当協会は、「作文の必要性は感じているが、塾経営を考えると導入が難しい。しかし、なんとかしたい。」と熱心な塾長先生のために、作文添削だけでなく、「国語力を高める指導体制」の確立までサポートします。

日本の未来は貴塾の生徒の学力に繋がっています。

国の力(国力)は教育です。

教育が衰退すると国は崩壊します。

ニートやフリーター、いじめやひきこもり問題など教育の現場から改善できることはたくさんあります。

大切な生徒の将来のためにも、一人でも多くの塾長先生が「国語力を高める指導」に取り組んで頂ければ幸いです。

生徒の国語力を高めることができるのは、現場で一番学力の低下を感じている塾長先生にしかできません。

どうか、作文添削を通して、「国語力を高める指導体制」の確立までサポートしている当協会の活動趣旨にご賛同頂き、一人でも多くの塾長先生が、当協会に加盟して頂きますよう心よりお願い申し上げます。